Top >  FX ZERO

FX ZERO

「FX ZERO」という業者、「ZERO」と社名についているからには、何となく期待できそうな雰囲気です。何が「ZERO」なのか…、そうです。スプレッドに「0」の数字がズラッと並んでいるんですね。

まず定番の「米ドル/日本円」は「0銭〜」です。「ユーロ/日本円」、「ポンド/日本円」も「0銭〜」なんですよ!この業者、本当に大丈夫なんでしょうか…(笑)

しかし、ずっと「0銭」というわけではありません。当たり前ですよね。スプレッドが「0銭」で固定されてしまうと、間違いなく「倒産」してしまいますから。

正しくは、「0銭の時もある」ということになります。すると、「じゃあ、どれくらいの割合で0銭なの?ひょっとして、0銭以外の時がすごく広いんじゃないの…?」と疑ってしまうそうですが、「0銭or1銭or2銭」の「割合」を見れば、「それは単なる疑いにすぎない」と理解してもらえるでしょう。

まず「0銭」ですが、全体の「約2%」です。少ないチャンスですが、ここに出会ったら「幸運」ということですね。

また、「1銭」の時は全体の「約68%」もあります。「2銭」が全体の「約29%」ですので、ほとんどのケースで「1銭〜2銭に収まっている」ということになります。

つまり、「0銭以外の時はかなり広いのでは…」というのは、大きな「誤解」であるということですね。したがって、「ほとんどのケースで1銭〜2銭と狭く、時として、0銭というチャンスがある」と考えておきましょう。

また、「ユーロ/日本円」でも「1銭〜3銭」にほぼ100%収まっており、ここにも「0銭」のチャンスがあるんですよ。

さらに、インターバンク市場に忠実なレートを実現させていますので、業者の都合で勝手にレートが操作されるという心配もありません。非常に透明性の高い取引が可能なんですね。